播磨制圧中に“人垂らし”秀吉には珍しい失言

出雲大社は、伊勢神宮に似た白木造りの大きな社殿でございます。ところが、これは江戸時代になって神仏混合が嫌われるようになってから建て直されたもので、名前も出雲大社でなく「杵築大社」と呼ばれておりましたし、同じ豊臣秀頼が寄進した、現在の北野天満宮に似た朱塗りの社殿でございました。

▲北野天満宮 出典:PIXTA

兵庫県の但馬名草神社に美しい五重塔がございますが、これは尼子経久さまが出雲大社に寄進した塔を移築したものなのです。つまり、神々しいというよりは、もっと人間くさい場所だったわけでございまして、だからこそ、出雲の阿国さんもここから出たというのも納得できる少し猥雑な雰囲気だったのです。

戦国時代の出雲の守護は、近江源氏の京極氏でございますが、この人たちは、京や近江に住んでおり、守護代として一族の尼子氏が派遣されておりました。滋賀県の犬上郡甲良町に近江鉄道の尼子駅がございますが、そこが出身地です。

この尼子氏の経久さまは、一時は防長を除く中国地方を支配するほどでしたが、大内氏、毛利氏とのいわば三強対決に勝利したのは、安芸の毛利元就さまでございました。

しかしながら、尼子家の家臣で山中鹿之助という剛の者が、一族で京の禅寺にいた勝久さま(経久の次男国久の孫)を擁して、織田方に属して戦功をあげ、備前との国境に近い播磨上月城を攻め落としたあと、信長さまと秀吉からこの城を預けられました。天正5年(1577年)暮れのことでした。

この頃は、但馬でも織田方の勢力は拡大して、秀吉の弟の秀長さまが活躍していましたが、秀吉から竹田城を預けられておりました。最近、天空の城とかいって雲海に浮かぶ廃墟が人気の竹田城でございます(現在の城跡の見事な石垣は、秀吉が天下をとってから修築されたものでございまして、この頃は粗末な砦でした)。

こうして、秀吉の播磨制圧は万事順調かと思ったのですが、突然、播磨東部の三木城にいた別所の者たちが、毛利について反旗を翻したのでございます。別所家の当主は長治さまという20歳代の若者で、重棟と吉親という2人の叔父の補佐を受けておりました。

黒田官兵衛さまが窓口にしていたのは、重棟さまで、官兵衛さまの子の長政と、重棟さまの娘さんが婚約していました。しかし、これに吉親さまが嫉妬したようです。

おまけに、織田方についた武将たちとの軍議で、重臣の長井四郎左右衛門という者が、長口舌を振るったのに苛立った秀吉が「戦の指図は我らがするので、播磨衆は槍働きをお願いしたい」と高飛車に言って、国人たちの気分を害するという事件も伏線にございました。

秀吉は、信長さまから司令官に任命されて気分が高ぶっていたのでしょう。あの人垂らしにしては、珍しい失言でした。

非情な信長を見て「明日は我が身」

この三木城での異変を見て、毛利の大軍が上月城に攻めてまいりました。秀吉は慌てて救援に向かいましたが、三木城と上月城という播磨の東と西の端での二正面作戦は、苦しいところでございました。

急ぎ、安土城の信長さまに応援を頼んだのですが、信長さまは非情にも、上月城は尼子勢の頑張りに任せて、三木城を先に片付けよと仰り、三木城を支える神吉城と淡河城を落とせと指示されました。

つまり、尼子勝久さまや山中鹿之助さまを見捨てろということです。たしかに戦術としては合理的なのですが、情においては忍びがたい話でございます。さすがの秀吉も大いに悩んだようでした。

こうした信長さまの非情さが、いつか自分たちもという心配になり、摂津の荒木村重さまの裏切りを誘いました。

もともと摂津の有力国人だった荒木さまは、幕府からも重んじられていた池田さまの家臣でした。ところが、三好さまと信長さまとの争いのなかで、信長さまに気性を気に入られ、その後押しで池田家を乗っ取った方です。

信長さまから摂津の旗頭とされ、播磨攻めでも活躍されたのですが、中国攻めの司令官に秀吉がなったのも気に入らなかったようでございます。信長さまは、松永久秀さまが反乱を起こしたときと同じように、しつこいほどに翻意を求め、村重さまも一度は明智光秀さまたちの説得を受け入れられ、信長さまに詫びをいれることになりました。

ところが、安土へ行くために茨木城に立ち寄ったところ、中川清秀さまが「信長さまは部下にいったん疑いを持てば、いつか必ず滅ぼそうとする」と心配を口にしたので、気が変わって伊丹市の有岡城に戻ってしまったのです。

秀吉も、村重さまと仲が良かった官兵衛さまを有岡城に派遣したのですが、村重さまが官兵衛さまをそのまま土牢に監禁して、消息しれずになってしまったことはご存じの通りです。

村重さまは有岡城に篭城し、1年も刃向かいましたが、一緒に行動していた茨木の中川清秀さまと高槻の高山右近さまが織田方に戻ってしまいました。信長さまが宣教師たちにキリスト教布教の許可を取り消すと脅して、高山右近さまを説得されたことがものを言いました。

▲高山右近像 出典:PIXTA