今年の2月から、ずっとアメフラっシを追い続けてきたNewsCrunch。その成長の過程と“今”をギュッと詰め込んだ1stフォトブックのリリースを電撃発表! どのような経緯で製作決定にいたったのか? メンバーたちはどんな意気込みで撮影にのぞんだのか? そして現場ではどんなことが起こったのか? 木枯らしを吹き飛ばすホットな情報を今週からお届けしていこう!

夢のまた夢だった書籍化に一歩ずつ近づいていく

先週配信された「動画版」で電撃発表したように、アメフラっシの1stフォトブック『With』が12月11日(金)に発売することが決定した。今年の2月に連載をスタートさせたときから、頭の片隅には「いつか書籍化できたらいいなぁ〜」という想いはあった。せっかく出版社が運営するサイトで連載をするのだから、本という形に残しておきたいな、と。

〇NewsCrunchチャンネル(YouTube)
※本動画は期間限定の配信となります。
※本動画のダウンロードは固く禁じられています。
※本動画はWANI BOOKS NewsCrunch、WANI BOOKS NewsCrunch YouTubeチャンネル、アメフラッシ公式HP以外での再生(転載)は固く禁じられています。
※YouTubeおよびTwitter、Instagram、FacebookなどSNS上での動画の再生(転載)は固く禁じられています。
※こちらの動画は期間限定公開(11/3~12/3)となります。

ただ、開始当初はとにかくこの連載を定着させること。そして、アメフラっシの名前を幅広い層に知ってもらうことに注力することに精一杯で、書籍化は本当に夢のまた夢だった。

さらに4月以降は、コロナ禍で取材すらままならない状況になってしまう。しかし不幸中の幸いというか、2月と3月に写真撮影と鈴木萌花以外のメンバーの取材は済ませていたので、連載を休止するという最悪の事態は避けられた。結果として、ライブやイベントも行うことができず、いつになったら、本格的な活動が再開できるのかが分からない時期に、コツコツと毎週、彼女たちの声を届けることができたのは本当によかったと思う。

いわゆる“STAYHOME”期間中に、連載ではメンバーの個別インタビューを順番に配信し(鈴木萌花の取材はリモートでおこなった)、彼女たちの「これまで」の話を、ひととおり紹介することができた。そして、ライブ活動が再開されると、この連載のスタイルもリアルタイムで密着取材を続けていく『同時進行ドキュメント』に進化する。7月の単独配信ライブでは、初の試みとして、連載とは別枠で速報を配信。ここでアクセス数がグーンと伸びたことで、夢のまた夢だった書籍化の話が一気に現実味を帯びてきた。