影武者を立てた信玄「死んだことは3年隠せ」

「巨星落つ。武田信玄、天下取りを目前にしていた甲斐の虎は、2月に三河野田城を落としたあと、一旦、信濃に退いていました。春になったら上洛して瀬田の唐橋に風林火山の旗指物を掛けると豪語していました。けれども、4月になっても動きがなく、不審がられていましたが、消息筋によると4月23日に伊那谷の駒場で死去したもようです。正式の発表が待たれるところです」とかいうニュースが、現代なら流れるところでございましょう。

▲「今も昔も正しい情報を集めることが大切ですよね」 イラスト:ウッケツハルコ

しかし、私たちの戦国時代には、ニュースはなかなか到達しませんし、メディアもありませんから、噂がじわっと広まっていきました。ですから、もうとっくに状況が変わっているのに、間違った動きをする人もございました。

遠江の三方原の戦いで、徳川・織田連合軍を蹴散らした信玄さまは、浜松城に逃げ込んだ家康さまなど眼中にないと言わんばかりに、浜名湖の北岸に進み三河を窺われました。しかし、ここで、朝倉軍が冬を迎えて雪が降る前にと、近江から撤退して越前に帰ったことを知ります。

これでは、信長さまを挟み撃ちどころではありません。とりあえず、正月早々に三河の野田城を囲んで2月15日には落城させて、朝倉が近江に戻ったら上洛作戦実行のつもりだったのでございますが、ここで体調を崩してしまい、長篠城で休養するものの回復しません。

▲長篠城 本丸・野牛曲輪跡 出典:PIXTA

そこで、いったん甲斐に引き揚げることにしたのですが、4月12日に亡くなってしまったのでございます。しかも、信玄さまは、影武者をたてて3年間は自分の死を隠せと仰ったのですから、なおさらです。

ところが、4月のうちから、信玄さまは亡くなったという噂が流れ始め、家康さまは試しに武田との最前線に出て挑発して、噂が本当か確かめようとしたりされています。そして、皮肉なことに信長さまなど敵には死んでいることが知られているのに、足利義昭さまや浅井・朝倉など味方の方が瞞されてしまうことになりました。

とくに、義昭さまは、それまではあからさまに信長さまへ反旗を翻すことはされてなかったのですが、2月になると浅井・朝倉に公然と内書を出されるなど対決に踏み切られたのでございます。

しかし、信玄さまが動かないので、信長さまは機敏に動かれ、4月4日には現在の二条通より北側の「上京」に火をかけて焼き払い、義昭さまを震え上がらせ、正親町天皇の仲介で和解するなど、慌ただしい動きがございました。

義昭さまは、信玄さまの死をご存じない、あるいは、情報があって武田側に確かめても否定されたでしょうから、いずれ上洛してくるという望みを持たれて、その場しのぎを繰り返しておられました。

松永久秀さまや三好義継さま、三好三人衆や六角義治さまたちも、あっちについたりこっちについたり、情報に振り回されていたのです。

室町幕府に近づく終焉のとき

一方、6月になると、西三河奥地の豪族で武田方についていた奥平貞能さまが、信玄さまが亡くなったのでということで、家康さまに寝返ったのです。これで、織田・徳川方では、信玄さまの死を確信することになりました。

貞能さまは、一族の信友さまの娘で息子の貞昌(のちの信昌)の妻であるおふうと次男の千丸を武田に人質に出しておりましたが、信長さまは、家康さまの長女で信康さまの妹である亀姫さまを、貞昌さまの妻として差し上げるという条件を出すように指示され、家康さまはそれに従われていたのです。

6月22日になって、信玄さまが死んだという確実な情報とともに、貞能さまは、家康さまの申し出を受諾されたのです。このために、9月になってからですが、武田勝頼さまは、おふうと千丸などを国境の鳳来寺口で磔にして殺しました。

家康さまも、さすがに気の毒に思われたのか、のちのことでございますが、おふうの妹であるたつさまを異父兄弟である定勝の妻とし、奥平貞友の子孫は伊予松山藩の筆頭家老として栄えることになります。

また、亀姫さまを人質同然に格下の奥平家の嫁にしたことに、家康さまの妻の築山殿と亀姫さまの兄である信康さまは怒り、のちの悲しい事件の原因ともなるのでございます。                       

ここに至っても、信玄さまが生きていると勘違いを続けていた足利義昭さまは、7月2日には、二条城を細川藤孝さまの兄である三淵藤英さまらに託して、巨椋池の畔にあった宇治槇島城に籠城されました。

信長さまは、近江佐和山に近い浜で建造させたばかりの、長さ50メートル以上もある大型軍艦に乗って大津に乗り込み、藤吉郎たちも参加した大軍とともに京に入って二条城を降伏させます。

信長さまは毛利輝元さまに書状を送り、信玄さまが死んだこと、義昭さまが京から逃亡したことなどを報せたうえで、槇島城に攻撃を加えたので、義昭さまは城から逃げ出し、嫡男を信長さまへ人質として差し出されました。

7月18日のことでございまして、これをもって後世の方は「室町幕府の滅亡」とか申しておられます。

信長さまは、河内の若江城の三好義継さまのもとに義昭さまを送り届けるよう、藤吉郎に命じました。

▲旧若江城跡 出典:PIXTA