音楽の世界を広げるShazam

街を歩いていたり、フェスに参加したり、テレビ番組やYouTubeの動画を見たり、音楽を聞く機会は多いもの。「この曲いいな」と思っても、音楽認識アプリがないとただのBGMとしてやり過ごしてしまいがちです。

 

Shazamがあれば、曲名を調べたあとに、歌詞やミュージックビデオを表示したり、
ライブラリに追加したり、友だちに知らせたり、1つの曲から音楽の世界を広げることができます。

かざすだけで曲名がわかる

Shazamの使い方はとてもシンプルです。アプリを起動したら、画面の中央にある大きなボタンをタップ。端末のマイクで流れている音楽を認識し、数秒もすれば曲名やアーティスト名が表示されます。検索結果には、ミュージックビデオや同じアーティストのヒット曲、関連するアーティストなどが表示されます。

またApple MusicやSpotifyといった音楽配信サービスで同じ曲を開いて、自分のライブラリやプレイリストに追加することが可能です。

検索した曲は履歴に保存されるので、気になった曲をシャザムしていると、いつのまにか自分だけのお気に入りリストが完成します。

※画面はiPhoneアプリのものです(以下、同)。

音楽が流れている場所で画面中央にあるボタンをタップ

数秒後に曲情報が表示される