三好三人衆が足利義昭を包囲

年末から信長さまに呼び出されていた藤吉郎も岐阜の新居に帰ってきて、久しぶりというか、初めての穏やかな正月を迎え、私たちはとても幸福でした。永禄12年(1569年)の幕開けでございます。

ところが、1週間もしないうちに、お屠蘇(とそ)気分を吹き飛ばす事件が起きたのでございます。1月5日に、あの厄介な三好三人衆が信長さまに美濃から追い出され、斎藤龍興さまらとともに、足利義昭さまの御所になっていた六条の本国寺を包囲して、激しい戦いになっていたのでございます。

▲六条から山科に移転した本国寺 出典:PIXTA

信長さまは、9日にはわずか10数騎の供回りを引き連れて岐阜を発たれ、2日で京に入られました。あれよあれよと軍勢は途中から増えだし、藤吉郎のように追いかけて美濃から駆けつけたものも含めて3万人にもなっていたそうでございます。

本国寺で義昭さまの警護に当たっていたのは、細川藤孝さま、明智光秀さまなど2000人ほどでございました。奮戦してなんとか防いでいるうちに、摂津方面から信長さまに味方する武将たちが到着し、包囲軍を背後から攻めたので、彼らは退散していたのでした。

ここで、このお話によく出てくる三好三人衆について少し説明しておきます。三好長慶さまの跡継ぎでおられる義継さまの家臣である、三好政康さま、長逸さま、岩成友通(いわなりともみち:阿波出身でなく出自不明)さまの3人です。(※1)

三好長慶の嫡男は義興さまですが、父より先に亡くなったので、甥の義継さまが跡を継がれました。 

しかし、若年ということもあり三好三人衆たちの傀儡にされましたが、彼らと反りが合わなかった松永久秀さまが義継さまを誘って、信長さまの側についたのでございます。この本国寺の戦いのときに、義昭さまを助けた人たちのなかには、彼らの勢力もおりました。

この騒動の原因は、信長さまが関所の廃止を命じられたりされて、既得権をもつ人々の不満が高まったことや、義昭さまの周辺にいる側衆がそれぞれの思惑で動き、一枚岩でないという事情もございました。ちょうど、現代でも首相の周辺が利害と政策の思惑で、それぞれ勝手に動いて政権を不安定にしがちなのと同じでございます。

日本一壮麗な宮殿と言われた二条城

信長さまは、三好三人衆が退散したあとの京に入られ、さっそく、義昭さまの周囲の人たちの内輪揉めも騒動の原因とみて、『殿中掟書』を出して勝手な振る舞いを諫められました。

また、防備もしっかりして、将軍と自分の権威をわかりやすく見せるために、二条城の建設を始められたのでございます。二条城というのは、時期によって3つございます。

本能寺の変のときに信忠さまが籠もられた烏丸御池のもの、德川家康さまが築かれた現在の二条城もありますが、このときの二条城は、烏丸丸太町の交差点の北側にあったものでございます。西は室町通りに面し、東は東洞院通りで、その東半分は現在では京都御苑の一部になっております。

▲京都御苑 出典:PIXTA

このあたりは、もともとは、斯波家の屋敷でございましたので、斯波家に代わって尾張の領主となられていた信長さまにとっては、使いやすかったわけです。

信長さまは、畿内だけでなく、播磨・三河・若狭から人を集め、石材には石仏や石塔まで集めて使い、京のあちこちの屋敷から“名石”も集められました。醍醐寺三宝院にある「藤戸石」もそのひとつでございまして、これは秀吉が聚楽第に移し、あの「醍醐の花見」のときに私たちを楽しませるために三宝院に運んだものです。

 こうして、出来上がった二条城は、南蛮からやってきた宣教師フロイスが「日本でかつて見たことがないほど壮麗な宮殿」といわれ、当時としては異例なほど高い石垣に囲まれたものでございました。しかも、建築には70日間しかかからなかったそうです。

信長さまは、工事現場で会ったフロイスさんによれば、虎の皮を腰にまいた奇抜な服装で指揮を執っておられたそうです。フロイスさんは信長さまが甲高い声だったとも書き残していますが、映画やドラマでは野太い男らしい俳優さんばかりが信長さまを演じおりますから、現代の方にとってはちょっと意外だと思います。ですが、本当にそうであることは、何度も会っている私が保証いたします。

信長さまは、工事現場を通りかかった笠を被った女性のベールを上げて顔を覗いた武士を見つけて、一刀のもとに首を刎ねるほど、兵士たちの風紀には厳しい姿勢を見せて、市民からの信頼を獲得されたとも、フロイスさんは紹介しています。