寧々のホステスぶりが高評価

秀吉が関白になって「殿下」などと呼ばれるようになったのは、天正13年(1585年)の7月のことでございました。私も従三位にしていただき、北政所という肩書きを戴きました。

少しあとのことでございますが、その3年後、後陽成帝の聚楽第行幸ののちには、私のホステスぶりが良かったとお褒めを戴き、従一位にしていただきました。また、義母のなかも従一位大政所という肩書きをいただいて大喜びでした。秀吉の母ですから派手なことは大好きで、遠慮なんかしません。

どちらも、関白の妻とか母の称号なので私たちだけのものではございませんが、中納言の中国風の呼び名である黄門さまも、もっぱら水戸中納言光圀さまのことに使われているのと同じで、北政所と大政所は私と義母のことだと世間では思っていただいているので鼻高々なのでございます。

秀吉が正式に官位をいただいたのは、小牧・長久手の戦いがあった天正12年(1584年)の10月に従五位下・左近衛権少将としてのものが最初でございまして、翌月には従三位・権大納言になりました。

そして、ここが大事なのですが、天正13年(1585年)の2月になると、織田信雄さまが大坂城にお見えになり、これは天下の采配は秀吉に任せるが、官位官職はとりあえず秀吉と同じ従三位・権大納言にするということで納得いただいたわけでございます。

そして、この年の7月には、秀吉は従一位・関白となったのです。関白だった二条昭実さまと近衛前久さまの子の信尹さまの争いがあって、二条さまから譲られることになりました。

秀吉は征夷大将軍になりたかったのに、清和源氏でなければならず、備後鞆(びんご とも)におられた足利義昭さまに猶子にしてもらおうとしたものの断られて、仕方なく関白になったというエピソードも大河ドラマなどでお決まりになっている場面でございます。

「いくら落ちぶれても私にも誇りだけは残っている」というやせ我慢のセリフと、貴人としての誇りを感じさせる表情をどうするかは、俳優さんの演技力の見せどころでございますね。

こういう説明を思いついたのは、林羅山といういけ好かない徳川の御用学者ですが、そんな話は聞いたことありません。もしかすると、そういう噂があったのかもしれませんが、徳川将軍の権威を高めるためのプロパガンダに決まっております。

なにしろ、征夷大将軍は清和源氏しかなれないものではございません。源頼朝さまより前では、中国からの帰化人である坂上田村麻呂など、いろんな氏族の方が征夷大将軍になっておられますし、鎌倉幕府でも四代以降は九条家や宮様が将軍になっておられます。建武の中興の頃は、護良親王などが将軍になっておられました。

▲鎌倉宮の護良親王 出典:木村優光 / PIXTA

足利義昭さまが存命で将軍を辞めたわけでもないというのも、解任すればよいだけのことでございます。足利幕府でも10代将軍義稙さまがまだ生きているのに、11代の義澄さまが将軍になったりまた交代したりされています。せいぜい円満に譲られたほうが楽だというくらいの話です。

ナポレオンは秀吉をマネして皇帝になった?

なにしろ、本能寺の変の前には、朝廷から関白か太政大臣か征夷大将軍のどれでもいいからならないかなどと、信長さまに御下問があったくらいなのですから、清和源氏でないことも義昭さまが将軍のままであることも、秀吉が将軍になるのに不都合な話ではなかったのです。

むしろ、織田家中を会社に例えたら、秀吉はオーナー一族でなくサラリーマンなのですから、地位は不安定でした。そこで朝廷から官職をもらって、その権威で織田家の人々や大名たちを押さえ込もうと考えたのです。

信長さまにも関白はどうか、というお誘いがあったというのを聞いておりましたから、秀吉が近衛前久さまの猶子となって関白になるということになったのです。

将軍は源氏でなくてもいいということは、すでにお話ししましたが、藤原一族でないのに関白になるというのは、本当にありえないことだったのだそうです。

▲秀吉が関白になったことは多くの人が驚いたようです イラスト:ウッケツハルコ

というのは、関白というのは、宇多天皇の仁和3年(887年)に藤原基経さまがなられたのが最初で、藤原一族でも藤原道長さまの子孫、それも五摂家と言われる家柄の方だけがなれる仕事だったのでございます。

西園寺さまのような藤原一族でも道長さまの子孫でない方とか、久我さまのような村上源氏の方は、太政大臣にはなれても関白にはなれなかったのです。

よく似たお話としては、私たちより200年ほど後のことでございますが、ナポレオン・ボナパルトというコルシカの貧乏貴族出身の軍人が皇帝になられました。これは、成り上がり者と馬鹿にされないために、国王より上の肩書きを欲しがったからだと聞きましたが、秀吉が関白になったのに倣われたのではないかと勝手に想像しております。

この手配は、右大臣だった菊亭晴季(きくていはるすえ)さまがしてくださいました。さらに菊亭さまは、秀吉に豊臣姓を下賜し、太政大臣にするように手配してくださいました。

ちょうど、秀吉の援助で上皇が引っ越す仙洞御所を建築することができて、このことで、正親町帝がかねてより希望されていた後陽成天皇への譲位が実現したので、功績抜群と言っていただきました。そして中臣鎌足さまに藤原姓が与えられたのにならって、豊臣姓の誕生となったのでございます。

さらに、これにはもうひとつの裏がございました。この御譲位とともに、近衛前久さまのご息女でおられる前子さまが、私どもの猶子ということになって、新しい後陽成帝の女御(にょうご)になられたのです。

実は、摂関家から後宮に入るというのは、鎌倉時代の後二条天皇の典侍に一条頁子(万秋門院)さまがなられたのが最後でございましたし、女御という肩書きも南北朝時代を最後に使われていませんでした。

このあたりは、摂関家の不満を高めないために、秀吉がいろいろ工夫をして、格下げのイメージがないように手当したというわけです。

こののちは、江戸時代になっても、摂関家か宮家から帝の正妻というべき女性が入内することになりました。その意味でも、秀吉の尽力によって、朝廷が昔の流儀をかなり復活させることができたということなのです。明治時代になって、秀吉が尊王家として評価されるようになったのには理由があるのです。

また、秀吉が将軍でなく、関白としてまつりごとをしたのは、慶応3年の王政復古の先取りとしての意味を持つものです。それまで正式の政府として朝廷がありながら、事実上には政務を丸投げされた幕府があったのを、朝廷一本にしたのです。

聚楽第で関白が謁見をするときには、上座に秀吉のほか、摂関家の人々、法親王さま、もう少し後の時期になりますが足利義昭さまなどが並び、下座に大名と公家衆が左右に並ばれておりました。

明治の王政復古では、幕府も摂関も廃止するという形を取ったので少し違いますが、大名も公家も維新功労者も、公侯伯子男という爵位で評価し、同じ土俵に乗せたわけで、それに似た性格のものでした。

明治元年には、徳川家がこわした豊国神社が復活しましたが、その理由は幕府をつくらずに関白太政大臣として政務をとった勤皇の功績でした。そのときに力を尽くしたのは、私の兄である木下家定の子孫である備中足守と豊後日出の藩主だったのです。