側室となった竜子は寧々も認める女性

天下人となった秀吉が最初に置いた側室は、京極高次の姉妹である竜子です。母親は浅井長政さまの姉妹です。竜子は、それはもうたいへん美しい女性で、はじめ、若狭の武田元明さまと結婚いたしました。

武田家のことは、浅井・朝倉との戦いのときにもお話ししたことがございますが、安国寺恵瓊さまなどが出た安芸の武田家の一族です。平安時代の新羅三郎義光さまのお子の義清さまは、常陸国那珂郡武田郷(現・茨城県ひたちなか市武田)におられました。そこでなにやら問題を起こして甲斐に移られ、甲斐源氏と言われるようになりましたが、名字は常陸にいたときの地名から採ったものでございます。

その甲斐源氏から鎌倉時代に安芸武田家が生まれ、室町時代になって本家は若狭に移りましたが、安芸に残った一族もいるというようなことらしいのです。若狭の守護で、この頃は朝倉家に従属することになって、元明さまも越前の一乗谷に留めおかれていました。

朝倉滅亡後に若狭に戻られ、新しい若狭の国主になった丹羽長秀さまの客分のようなかたちで、大飯郡石山3,000石を信長さまからいただいて、近江の京極家から竜子さまを奥方としてもらい、暮らしておられました。

竜子さまの父親は京極髙吉さまで、夫人は浅井長政の姉妹であるマリアさまです。熱心なキリシタンとして有名なので、この名で呼ばせていただきます。

そのお子には、のちに大津城主となった高次(のちに小浜城主)、信濃飯田城主(のちに宮津城主)となった高知、マグダレナという名で知られている近江朽木の領主・朽木宣綱の夫人、そして桑名城主だった氏家行広の夫人がおりました。

ところが、この元明さまは本能寺の変のあとで明智方に与(くみ)され、佐和山城を攻撃されたことから、近江海津で丹羽長秀さまに捕らえられて殺されてしまいました。海津は日本海側からの物資を琵琶湖に積み出す港町で、江戸時代には加賀藩領でございました。近くの海津大崎は、湖国を代表する桜の名所として知られておりますが、宝憧院というお寺には元明さまのお墓がございます。(※)

▲桜の名所と知られる海津大崎 出典:めがねトンボ / PIXTA

秀吉が竜子さまの美貌の噂を聞いて、側室にするために夫を殺したなどと言っている人もいますが、元明さまが殺されたのは、丹羽さまが元明さまの領地を奪うためにしたことでございます。

丹後守護で元明さまと同じような立場でおられ、しかも、細川藤孝さまの娘婿だった一色義定さまも同様に、本能寺の変ののちの混乱のなかで領地を横取りしたい藤孝さまに殺されてしまいました。義定さまは娘婿だったのに残酷な仕打ちでした。

よく、秀吉が色好みでたくさん側室を抱えたといいますが、そんなこと私が許すはずがありません。実は長浜時代にひとり、側室のようなことにした女性がいたのですが、これは京の奉行をしていたときに身の回りの世話をしていた者でした。

幕府に仕えていた武士の未亡人だそうで、秀吉は妊娠したこともあるとか言っておりました。でも誰の子かわかったものでありません。ただ、また妊娠することがあるかもしれないとかいうので、長浜に住まわせることをしぶしぶ承知したのです。けれどもそういう気配もなく、秀吉も執着がなかったうえに、尼になりたいというので願いを聞き届けてやりました。(※)

そのあと、信長さまの四男である秀勝を養子にして跡継ぎということにしたので、そういう意味では跡継ぎを得るために側室を置く必要もなくなり、秀吉が気まぐれで遊ぶのは見て見ぬ振りをしておりました。

しかし、関白殿下にもなると、あまりお手軽な遊びをするわけにもいかなくなり、きちんとした形で、側室というか第二夫人のようなものを置いたほうがいいと勧める人もおりました。

そうしたときに、丹羽長秀さまが、自分が預かっていた竜子は生まれも申し分ないし、長浜城主だった秀吉にとっては縁もあるし、京極家にゆかりのある浅井旧臣の家臣たちも多いことだからと、側室にすることを勧められました。

そして私にも会えということで、会ったところ、なかなか気も良く回って、私のことを田舎侍の娘などと馬鹿にした風もまったくなく、まずまず気に入ったので許可をだしてやったのです。

「竜子は良家の娘なのに気取ったところがなく、私のお眼鏡に適いました」 イラスト:ウッケツハルコ

竜子は、秀吉の死んだあとは、大津城の兄弟のところに身を寄せましたが、関ケ原の戦いに巻き込まれ、西軍の打ち込んだ大砲の砲弾で侍女が亡くなるというような目に遭いました。そのときには、私から高次に降伏するように手紙を出して、救い出してやりました。

私より10年ほどさらに生きておりましたが、豊臣家の菩提を弔うとか、仕えた女たちの面倒などもよくみるなど、よくできた女性でございました。

跡継ぎとして目をかけていた秀勝が無念の死

ところで、小牧長久手の戦いの翌年である天正13年(1585年)の12月10日に悲しい出来事がございました。信長さまの四男で私たちの養子になっていた秀勝(於次丸)が、丹波亀山城で死んでしまったのです。17歳でございました。

▲丹波亀山城の石垣と天守台跡 出典:PIXTA

10歳のときに長浜に来て、本能寺の変の年である14歳のときに初陣を飾り、清洲会議では明智光秀さまの領地だった丹波を受け継ぎ、亀山城主になりました。この頃になると、秀吉の養子ではあるが、信長さまの子であるということが意味をもってきて、ある意味で、独立した存在になっておりました。

というのは、信雄さまと信孝さまも、それぞれ北畠家や神戸家から織田に復姓されたわけですから、秀勝を織田に戻して跡目争いに加わらすという選択もあったのでございます。

実際、大徳寺の葬儀は秀勝が中心になって出したのでございますから、本人も周りも、信長の子という立場を意識しだしていたということもありました。秀吉の立場からしても、織田家の跡目を秀勝に継がすという可能性をちらつかせることは意味がございました。

また、清洲会議でも、秀吉の1人勝ちにはできないところを、信長さまのお子である秀勝に丹波をということで、ほかの宿老たちを納得させることも可能だったわけです。

また、秀勝の母親の名前は忘れましたが、養観院という方は、蒲生氏郷夫人の冬姫さまの生母でもありました。このことは、蒲生氏郷という頼りになる武将が秀吉に付くことの動機にもなって、これはたいへん意味がございました。(※)

そんなわけで、亀山では実の母親である養観院も一緒に住ませることになり、実の息子同然だったのが、少し取り返されたような寂しさもありました。

そののち、秀勝は天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いでも活躍しましたし、天正12年(1584年)小牧・長久手の戦いにも出陣いたしました。この頃になると体調が悪くなり、第一線を離れて大垣城に留まることになりました。

そして、翌年の天正13年(1585年)には、従三位・左近衛権少将に叙され、ついで正三位・権中納言にもなりましたが、寝込むことが多くなりました。

それでも、毛利輝元さまのの養女(内藤元種の娘)と結婚したのですが、体調はますます悪くなり、秀吉も亀山へ見舞いに訪ねました。私も一緒に行きたかったのですが、まだ天下を収まらないときで、人質をたくさん預かったりしていたので、会うことは叶わないまま、12月になって悲しい報せを受け取ったのでございます。