秀吉の出身地と語りたがらない父親について

木下藤吉郎の父親は、信長さまの父上でおられる信秀さまの鉄砲足軽だった木下弥右衛門ということになっております。この話は、土屋知貞という江戸時代の旗本が書いた『太閤素性記』という資料に記されていることでございます。

藤吉郎の出身地である尾張国中村の代官、稲熊助右衛門の娘の養子である知貞が、養母などから聞いた話をまとめたというものです。記憶間違いもあるでしょうし、『甫庵太閤記』などほかの人が書いた本から影響された痕跡もありますので、細かい部分はあてになりませんが、ほかに藤吉郎の故郷の人から直接に聞いた資料はありませんので、いちばん信用できる証言でございましょう。

ただし、鉄砲足軽というのは、鉄砲伝来の時期からいってありえないことでございますし、木下が名字だというのも、のちに藤吉郎が木下を名乗ったことから混同したのだと思います。

しかし、本当のところは、私もよくわからないのでございます。なにしろ、秀吉も義母の「なか(大政所)」も秀吉の父親である弥右衛門の話になると口を濁しますので、あまり詳しく聞けなかったのでございます。

確かな話は、秀吉も義母も、弥右衛門の供養をしようなどと言ったことはありませんし、墓がどこにあるかも聞いたことすらございません。弥右衛門の親戚がいるわけでもありません。二人とも、あまり良い感情は弥右衛門にもっていなかったのは確かなことでございましょう。

秀吉が尾張国愛知郡中村郷、つまり、現在の名古屋駅の南側あたりに拡がる中村区というところの出身だったことは確かです。

▲日蓮宗太閤山常泉寺 出典:PIXTA

小田原遠征の途中に、小早川隆景さまや加藤清正を現地に案内し、年貢の免除も決めておりますから、間違いのないことでございます。その場所には、清正が創建した日蓮宗太閤山常泉寺というお寺が今もございます。秀吉が生まれた際、豊かな清水があふれていた「秀吉公産湯の井戸」があったようです。ちなみに清正も秀吉と同じ尾張中村生まれでございます。

もっとも、正確な場所としては、豊国神社のあたり、もっと南の「弥助屋敷跡」も含め、3か所の候補があるらしいのですが、小田原遠征には茶々(淀殿)が付いて行き、私はなかと一緒に聚楽第で留守番をしておりましたので、よくわかりません。

なかは、今の名古屋市東部の昭和区にある御器所村の出身ですから、弥右衛門が入り婿だということはございません。なかの父親か祖父かは確かでありませんが、ルーツは鍛冶が盛んな美濃の関にあり、そこから尾張に来たと聞いております。

弥右衛門は農民でしたが、武士になろうとして戦場に出て怪我をしたこともあったようでございます。農民も自衛のために武器を持っておりましたから、正式に足軽などにならずとも、傭兵として雇われたり、落ち武者狩りをすることもあります。つまり武士と農民のはっきりした境界はなかったのでございます。

弥右衛門は夢を諦められずに、また、お手当欲しさに武器を持って出かけ、しばらく家に帰ってこないこともあったといいます。そして、いつしか本当に帰ってこなくなり、風の便りに死んだという知らせがあったようでございます。別の女性のところに転がり込んでいた、というようなことかもしれません。

なかも、だらしない夫に愛想を尽かし、茶坊主として織田家に仕えていたこともある竹阿弥という男と一緒に暮らすようになり、そして生まれたのが大和大納言となる秀長と、徳川家康さまの奥方となる旭でございます。

弥右衛門の死んだ年はよくわかりませんが、藤吉郎の姉の「とも」は、だらしなくても父親には違いないということで、供養をしていたようでございます。命日としていたのは、秀長が生まれたあとの年ですが、いい加減な話かと存じます。

そのあたりの事情は、私もあまり問い詰めるわけにもいかなかったのですが、秀吉や姉で秀次の母親であるともと、秀長や旭はあまり似ておりませんから、父親が違うというのは間違いないと思うのでございます。

▲豊臣秀長(春岳院所蔵) 出典:ウィキメディア・コモンズ

なかには、ほかに子どもがいたのではないかという人もおります。秀吉が出世すると、弟だとか妹だとかいう人が出てきました。それは、当時の武将たちでもお公家さんでも金持ちの商人の家庭でも、よくあったことでございます。

農村でも、さまざまな事情で心ならずも妊娠するはめになったりすると、里子に出すのが普通でございました。誰の子でもいいから欲しい農家はいくらでもあったのです。取り戻すかもしれないという前提で里子に出すこともございます。

たとえば、武家の場合だと、お手つきの女性につくらせた子を里子に出したけれども、正妻に跡継ぎが生まれなかったから戻すということもございました。

水戸黄門と言われる徳川光圀もそうですし、六代将軍の徳川家宣も、父親の綱豊が公家の娘と結婚するというので里子に出されていたものの、子どもができなかったので、跡継ぎにするために戻された経験をお持ちでございます。

しかし、普通は里子に出しっぱなしで、行方もわからないことが多かったのでございます。なかについては、私にも本当のところはわかりません。ただ、間違いなく弟だとかいうのが名乗り出たとしたなら、親戚が少ない秀吉は取り立てたのではないでしょうか。

一方、なかには妹が何人かいました。いちばん上は、岸和田城主になった小出秀政の奥方です。幕末の丹波園部藩主のご先祖でございます。関ケ原の戦いの前に福井城主だった青木秀以の母や、福島正則の母も妹ですし、加藤清正の母は従姉妹でございます。

というわけで、父方の親戚は私も存知ません。お付き合いがあった親戚というと、なかの縁者と私の親戚、それに姉のともの嫁ぎ先の関係者だけなのでございます。