秀吉と寧々の出会い

私が藤吉郎と結婚したのは、永禄4年(1561年)8月のことでございました。桶狭間の戦いの翌年で、清洲の御城下でのことです。数えで14歳でした。当時としては、普通の結婚年齢でよろしいかと存じます。

大名の場合、子ども同士の祝言を挙げて、実際に夫婦の関係になるのは、ずっとあとということもございましたが、庶民の場合はそういうことはありません。有名な武将の奥方が初めてお子を産まれた年齢をみてまいりますと、15歳から16歳くらいからが多くなっております。ですから、14歳での結婚は普通のことだったとわかっていただけるかと存じます。

前田利家さまの奥方の「まつ」さまのように、数えで12歳、満年齢だと11歳で初産をされている方もおられます。おふたりの場合は、従兄弟同士ですし、まつさまも前田家で一緒に住まわれて、いずれは結婚するということになっていたそうでございます。

▲前田利家 出典:ウィキメディア・コモンズ

それを利家さまが、どうせ夫婦になるのだからと手をつけられたら妊娠してしまった、とお聞きしております。まつさまは、そのあとさらに10人もお子を産んで、私たちの大好きな娘になる豪姫を養女にくれたくらい頑丈な女性ですから、特別でございます。

藤吉郎と初めて出会ったのは、妹のやや(良々)が養女にいっていた浅野長勝の家でのことでございます。のちに豊臣政権で五奉行の1人を務め、広島藩浅野家の祖となる長政の父親で、その長勝夫人の姉が、私たちの母である朝日なのです。

浅野家に同僚が集まって酒宴をしているときに、桶狭間の戦いの少し前から織田家に仕え、なかなか役に立つ若者だというので、組頭に取り立てられたばかりの藤吉郎がそこにいたのでございます。

のちほど詳しく説明いたしますが、信長さまの父上である信秀さまは、守護代だった織田大和守家の家老でいらっしゃいましたが、主君をしのぐ尾張第一の実力者になっておられました。

ところが、42歳で亡くなられたので、信長さまが跡を継がれると、有力者たちは言うことを聞かなくなりました。

しかし、信長さまは巧みに一族の有力者をねじ伏せて尾張を完全統一する勢いでしたので、その前に叩いておこうと今川義元さまが攻めてこられたのが、あの「桶狭間の戦い」でございました。

このとき信長さまは、文句ばかり多いが言う通りに動かない土豪たちなどを頼りにせずに、流れ者であろうが農民出身であろうが役に立つ若者を集められました。それを親衛隊として機動力がある軍団に育て上げ、勝利を手にされましたが、そのなかに藤吉郎もいたというわけでございます。

この戦いに勝利を収められた信長さまは、本物の尾張一国の支配者になられたのです。そこで、それまでほとんどが尾張の各地に散らばって兼業農家のような生活をしていた土豪たちも、清洲城下に移ってまいりました。

そして、現代でいえば社宅に当たる武家屋敷で、サラリーマン生活をするようになり、清洲の城下もおおいに賑わうようになったのでございました。

▲清州城 出典:PIXTA