理想は“家族のような”キャスター

▲“家族のような”キャスターが理想です

ストレス解消というか元気のチャージは、家族や友達とお喋りすることです。口から先に生まれたんじゃないか、というくらい昔からお喋り好きなので、気を許せる人たちと他愛のない話をするのが一番の息抜きです。母ともよく電話をします。

料理も好きで自炊はよくします。得意なのは小松菜のおひたし。自分がたどり着いた最強レシピは、お湯でさっと茹でた小松菜の水けを切ったあとにカットして、オリジナルのだし汁に浸したら完成。

つけ汁の配分は、カツオのだし汁、しょうゆ、みりん、塩と砂糖を少々。仕上げにカツオ節をパラパラ。調味料に関してはきっちり計量して作りますから、料理だけは大雑把ではないかも(笑)。料理をしている時間も息抜きになるんですよね。

休日の話をもう少しだけ。私は究極のインドア派なので、お休みの日はいつも家でゴロゴロしています。ただ、あまりにダラダラが続くと、昼過ぎくらいに重い腰を上げて、家の近くの図書館やカフェに行って読書をすることも。

好きなジャンルはミステリー。そして、スーパー銭湯で岩盤浴を満喫して、帰宅してからは映画を見ます。

映画鑑賞に欠かせないのがお菓子ですね。お気に入りは、ミスターイトウのチョコチップクッキー。サクサクの生地、たっぷり入ったチョコチップが贅沢なんです。最近美味しさに気づきました。もっと早く気づきたかった(笑)。

ちなみに、甘いものには目がないのでコンビニスイーツも大好き。セブンのわらびもちは見かけたら必ず買ってしまいます。本当においしいので、皆さんも一度お試しください。

▲インタビュー中に描いてくれた「しりとり」のイラストは?

これからどんなキャスターになりたいのかな。たとえば、家族のようなキャスターが一つの理想ですね。

「傘を持っていってね」「危ない場所から避難してね」

テレビで言われてピンとこなくても、家族や親戚、友人など身近な人から言われたら、ちゃんと自分のこととして聞けますよね。ということは、自分が家族みたいな近しい存在になれたら、私の言葉をきちんと受け止めてくれるのではないかと思うんです。番組やSNSで、自分の好きなものや苦手なこと、ありのままの私を発信しているのは、親近感をもってもらいたいから。

皆さん一人一人を家族のように思っているからこそ、本当に役立つ情報をこれからもお伝えしていきたいと思っています。

カレンダーもぜひ見てみてください♡

カレンダーの詳細はコチラ↓↓
https://www.wani.co.jp/event.php?id=7157

※ワニブックス通販でのサイン入りカレンダーの申し込み締切日は、10月25日(月) 23:59まで

★連想イラスト リレーしりとり★

インタビューの最後に、カレンダー発売を記念して、キャスターの皆さんによる「連想イラスト リレーしりとり」をお願いしました。1回目の江川清音さんが書いた、「す」から始まるイラストから導いた角田さんの答えは?  <編集部>

▲江川さんのイラストから連想したのは? イラスト:角田奈緒子

 【取材時こぼれアンケート】
Q  天気・空に関連することで一番好きな言葉はなんですか?

A  小春日和
まず語感が、とてもよい! 可愛らしくて声に出したくなります。春が入っているのに、冬の季語であるところも面白くて、初めて知ったときは驚きました。そして、空気が冷たくなってきた初冬のころの暖かな日差しは、寒がりの救世主! 体だけでなく心も温まります。言葉も好きですが、小春日和自体が大好きです。

Q  一番好きな天気は? 好きな季節は? 理由と一緒にお聞かせください。

A  好きな季節は秋です。暑くも寒くもなく、過ごしやすい日が多いですし、食べ物がおいしいからです。好きな天気は、秋晴れです。スッキリ抜けるような青空もきれいですが、秋らしい巻積雲や巻層雲が広がる晴れの空が、なんだか可愛らしくて一番好きです。

Q  自分が撮った好きな天気のお写真と、その理由を教えてください。

A  ウェザーニュースキャスターになりたての頃にスカイツリーから見た夕日です。燃えるような夕日、夕焼けに感動しながらも、ずーっと都会が広がる景色を見て、あらためて地元から遠く離れたところに来たんだな、ここで頑張らなくちゃと覚悟を決めていました。
 

▲思い出の一枚【写真:本人提供】
プロフィール

角田 奈緒子(naoko kakuta)

1992年11月22日生まれ。奈良県橿原市出身。『ウェザーニュースLiVE』でお天気キャスターとして活躍中。よさこい、競馬が好き。血液型=O型。本人Twitter=@naoko_chatte