「ちょっと調子に乗りすぎだろ?」目の前に10人の敵

そんな僕にもってこいの話が浮上した。ギャングイーグルのOBである誰かが、車を鉄バットで大破されて、相手に報復をするという騒ぎが起きた。相手は名古屋のカラーギャングで、チームカラーは白。規模は700人の大所帯だと言う。家から、バットや鉄パイプなどを持ってくるように指示を受けた。先輩の車に凶器を詰め込んで、複数に分かれた。

岐阜から名古屋に向かっている途中で、僕たちの前を走っていた一般車両が、歩行者を轢いてしまった。交差点は騒然としている。通り過ぎることはできない。1番近くで、一部始終を目撃していたのは僕たちだ。

「急げ! バットを隠せ!」

警察が来る前に凶器を隠して、カラーギャングのシンボルであるバンダナも外した。ほどなくしてパトカーが到着すると、事情聴取が始まった。本来ならば警察に捕まってもおかしくない僕たちが、捜査に協力をして感謝をされる、という不思議な体験をした。コッチが一段落ついたときには、敵対しているチームとの抗争も終焉を迎えていた。

結局、これと言ったトラブルは起きないまま、事なきを得てしまった。物足りない。こんなはずじゃなかった。もっともっと刺激が欲しい。周りのみんなに連絡をして、何かあったら自分に言うように呼びかけた。誰かの揉め事を代行して解決するのが狙いだった。

いろんな案件を任されたが、張り合いのない相手ばかり。最初はイキがっていても、僕が出て行った途端に、謝罪をして終わり。どこかに骨のあるヤツはいないものか。

そんなときに、年上に言いがかりをつけられているという話が舞い込んだ。被害を受けていたのはタケル。前回の相手とは別の相手だ。この話は、本人から聞かされたわけではない。又聞きした情報を本人に問いただしたら、嫌がらせを受けていることが事実だと判明した。

相手は自分の中学の一個上。呼び出すために学校に乗り込んだ。3人で別の場所に移動をして、2人に言い分を説明する時間を設けたが、一向に話は前に進まなかった。膠着状態が続いてイライラした僕は、相手を激しく追求。反論も謝罪もしない態度に業を煮やして、拳を振りかざした。これでタケルは平穏な学校生活を送ることができる。さぞかし喜んでくれるだろう。

「あ、ありがとう……」

どこかよそよそしい。通信制の学校に行ってから、連絡を取ることが少なくなっていたからか。このあと2~3回やり取りをしたが、結局それ以降は連絡が途絶えてしまった。

このあとも、あらゆる争いの仕置人として依頼を受けた。次は中学の同級生から。いきさつは不明だが、誰かに金銭を要求されていた。これは呼び出して話すこともなく、電話を一本かけて解決。感謝の気持ちを示されるのは気分が良かった。

あとになって思えば、人助けをしているつもりで、自分の劣等感を埋めようとしていただけなのかもしれない。このことをタケルはわかっていたのだろうか。そんなことも知らずに、お門違いな世直し気取りは続いた。また電話が鳴って、誰かの厄介事を取り計らうつもりで応答ボタンを押した。

「今から3丁目のマンション前に来い」

地元の先輩からだった。用件は敵討ち。不用意に成敗を繰り返しすぎて、最初は誰の仇討ちかわからなかったが、話を聞くとタケルの代役で高校に乗り込んだときの案件だった。その知り合いからの呼び出しの電話。別にいい。相手が誰であれ構わない。行ってやる。だが言われた場所に着くと、相手は1人ではなかった。10人が殺気立って待ち構えている。

「お前ちょっと調子に乗りすぎだろ?」

この人数に殴られたら勝ち目はない。しかも、10人のうちの1人はボクシングをやっている。友達と同じジムに通っていて、見学に行ったときに見たことがあった。どう足掻いても勝てない。

残酷な運命に打ちひしがれながら歩いていると、遠くのほうから一筋の光が射し込んだ。たまたまギャングイーグルの先輩が前から歩いてきたのだ。すれ違いざまに声をかけてくれた。

「喧嘩?」

「はい」

「ふぅん」

通り過ぎてしまった。やっぱり今日で僕の人生は終わりだ。相手は一瞬ヒヤッとした表情になったが、徐々に元の顔に戻った。拳をパンパンさせながら意気揚々と歩いている。公園に着くと、10人が僕1人を前にする形にして立った。そして、リーダー格の男が一歩前に出てこう言った。

「お前は今までの報いを受けるときが来たんだ。全員でタコ殴りにしてやるからな。わかったか?」

「45」は、次回12/17(金)に更新予定です。お楽しみに!!


プロフィール
 
福田 健悟(ふくだ けんご)/吉本興業所属
平穏な家庭に育つも、高校生になり不良の道へ。地元、岐阜県で最大の規模を持つ不良チームのリーダーとなる。18歳の頃、他チームとの抗争が原因で留置所に2週間、鑑別所に2週間の計4週間を更生施設で過ごす。週に1回の入浴、美味しくないご飯、笑うことが許されない環境で生活をして当たり前の日常の大切さに気づく。そもそも子どもの頃になりたかったのは、お笑い芸人だった。周りにナメられるのが嫌で言い出せなかった。不良を演じて虚勢を張っていた。出所後は本当の自分になることを決意し、お笑い芸人を目指して上京する。わずか10万円を握りしめての東京生活。コンビニでアルバイトをしながらも舞台と日常を分けずに常に芸人としての自分を貫く。すると近所で評判のコンビニ店員になる。「あのお兄さん大好き」「接客のプロ」とたくさんの称賛をいただきながら実感する。人は変われる——。世間から忌み嫌われていた不良が世間から愛される人間に更生した。人生における全ての「負」から立ち直った経験を生かして、他人のありとあらゆる「負」も更生する。つまらない時間を面白い時間に「更生」するため、お笑い芸人として活動中。Twitter→福田健悟@ganeesha_fukuda