天下を盗られる遠因となる秀吉の過信

九州を平定し、毛利輝元さまも上洛されたのちに、秀吉にとって天下統一のために残されたのは、東国の仕置きでございました。

といっても、秀吉はあまり東国には興味がなかったのです。この時代、新しいものは、畿内で生み出されておりましたし、明や南蛮の文物が入ってくるのは九州からでございましたから、そちらが関心の中心だったことは当然です。

東国は秩序がしっかり確保されて、これから取り組もうとしている海外進出の邪魔にならなかったらいい、という考え方でした。

そこで秀吉は、臣従することになった德川家康さまと天正14年(1586年)に和睦すると、「関東・東北惣無事」を徹底するように家康さまに命じたのです。あとで考えると、家康さまにそんな大事な仕事を命じたことが、天下を盗られてしまう遠因になるのですが、この頃は「東国なんぞ、家康に面倒見させておけばよかろう」と軽く考えていたのでございます。

家康さまも、戦国大名同士が直接会談することは少なかったこの時代には珍しく、駿河と伊豆の国境まで出向いて、北条氏政さまと会談されたのです。上洛し、秀吉の指示に従うように説得をされたのですが、なかなか言うことを聞いてもらえず、4年後には、秀吉の小田原征伐ということになってしまいました。

そこで、今回はまず、戦国時代の関東はどうなっていたかを説明させていただきます。 

室町幕府は、鎌倉でなく京に本拠を構えましたので、関東には一族の鎌倉公方(関東公方)を置いて世襲させ統治させておりました。そして、そのお目付役として、上杉氏を関東管領ということにしたのです。上杉氏は、室町幕府を開かれた足利尊氏さまの母方の実家で、公家の観修寺家の一党が鎌倉将軍に皇族がなったときに同行したものです。

ところが、関東公方は、将軍家から自立しようとし、それを上杉家や親幕府の佐竹・小笠原・那須・小山などの各氏が抑えておりました。そして1416年に、上杉禅秀さまが鎌倉公方・持氏さまと争った「上杉禅秀の乱」がございまして、このときに、家康さまのご先祖の松平親氏さまも関東を出たと言われております。

さらに、持氏さまは六代将軍を狙っていたのですが、相手にされず、将軍義教さまへ反抗したので、上杉憲実さまとの争いになり、持氏さまは自刃させられました。それが永享の乱(1439年)です。しかし、持氏さまの子でのちに公方になった成氏さまと上杉氏が争い、幕府は成氏さまに追討軍を送ったので成氏さまは下総に移りましたが(古河公方)、鎌倉は今川軍によって焼かれてしまいました(1455年、享徳の乱)。

現在の鎌倉には、鎌倉時代の建物はひとつも残っていませんし、室町時代のものもほとんどないのですが、それは、この焼き討ちのためでございます。

このあと、鎌倉を北条早雲さまが支配されるようになったときに「枯るる樹に また花の木を 植え添えて もとの都に なしてこそみめ」(枯れ木に花を咲かせるように、鎌倉をもとのような都にしたいものだ)と詠まれましたが、実際にそれなりの古都らしい趣になったのは江戸時代になってからです。

▲七里ヶ浜 出典:t.sakai / PIXTA

信長に比べて北条氏との関係が悪かった

また、新しい公方となった将軍義政の弟・政知さまは、伊豆までしか入れませんでした(堀越公方と呼ばれます)。

この頃に、上杉氏の家臣だった太田道灌さまが、利根川(当時は現在の隅田川が利根川でした)の東側に拠点を置いた古河公方を牽制するために築城したのが、江戸城なのです。

政知さまが死んだあと、庶長子の茶々丸さまが政知さまの正室と嫡男である弟を殺しました(1491年)。この頃、同じ正室の子である弟が京都天竜寺に入っていて、これが運命のいたずらで11代将軍・義澄さまとなったことから、今川家の食客だった伊勢新九郎さまに茶々丸さまを討たせたのです。

伊勢新九郎さまは、幕府官僚を束ねていた伊勢氏一族の分家という名門出身でございます。本人も九代将軍義尚の側近で、姉妹が今川家に輿入れしていたことから(義元の祖母)、今川家の客分として活躍したのです。

新九郎さまは、こうして伊豆を手に入れ、やがて関東の内紛に介入して小田原を手に入れられました。そのあと、二代目の氏綱さまが同じ平氏だというので、鎌倉幕府の執権にあやかって北条氏を名乗られたのでございます。北条を名乗られたのは二代目からですから、初代の新九郎さまはその死後に、後の世の人々から北条早雲と呼ばれるようになりました。

▲北条早雲公像 出典:伯耆守 / PIXTA

武田信玄さまや今川義元さまと同世代の三代目氏康さまは、河越夜戦で上杉家と古河公方連合軍を破って南関東の覇者となられ、公方さまとは縁組みをして、鎌倉公方を名目上の主人としたうえで、実質的には関東を支配することになられました。

これに対して、上杉氏から名跡を譲られたのが、越後の長尾景虎(上杉謙信)さまで、三国峠を越えて関東に進出し、佐竹や宇都宮など各氏と組んで、北条氏と激しく戦われました。

以前にお話ししましたように、信長さまは、この古河公方さまと北条氏の関係を、足利義昭さまと自分の関係のお手本にしようとされたように思います。ところが、義昭さまがそれでは不満足だと思われたので、信長さまと手切れになったわけです。

そんなこともあって、同じ平氏同士という親近感もあったと思うのですが、上杉という共通の敵もあることから、信長さまと北条とのあいだは、それほど悪くなく、氏政さまの嫡男である氏直さまと、信長さまの娘を結婚させるということになっていました。

ところが、秀吉は柴田勝家さまと対立したことから、上杉さまと協力するようになったので、北条さまにとって、信長さまより秀吉のほうが都合が悪い存在とみられるようになりました。

一方、本能寺の変のあと、織田領になっていた旧武田領のうち、甲斐と信濃は家康さま、上野は北条さまということで山分けした経緯もございました。