明の頑固さで交渉決裂となり再派兵へ

大坂城には千畳敷という大広間がございました。伏見城が地震で大損害を受けましたので、明使を迎えるために恥ずかしくないように、大坂城の本丸の南の部分に、突貫工事で建てたものです。地震があったのは、文禄5年(1596年)年の閏7月。閲見があったのは9月のことです。

徳川時代の城を引き継いだ、現在の大阪城では、本丸全体が広い平地になっておりますが、秀吉の時代の大坂城は、天守曲輪というべき小高い部分と、その南側の一段低い部分とに分かれていたのです。

▲現在の大阪城 出典:でじたるらぶ / PIXTA

今回は、時間が秀吉の生前に少し戻る部分もありますが、世間で「慶長の役」と呼ばれている、第二次朝鮮派兵について、まとめてお話ししたいと思います。

現代の人たちは、日本軍は苦戦して、半島の南部に留まり、李舜臣の水軍の活躍で制海権も取れずに散々で、秀吉の死と同時に目標達成を諦めて退いたと思っておられる方が多いそうなのですが、それは間違いでございます。

まず、江戸時代になってから生まれた伝承のように、日本国王にするという手紙に腹を立てて、秀吉が書状を破り捨てたというのは事実でないことは、第44回でお話しした通りです。

「冊封」というものを、家来になるといったように捉えるのは、江戸時代以降の儒学者が、中国の、それも学者などが創り上げた世界観に影響されて勘違いしたのでございます。ですから冊封とはこういうものだと思い込んで、秀吉もそのように理解しただろうから、受け取るはずがないと思っただけです。

確かに朝鮮国王にとっては、明に対して従順でなかった高麗に代わって、正しく忠義を尽くす王朝として建国したのですから、そうだったかもしれません。けれども、たびたび紹介してきたモンゴルのアルタン・ハーンにとっては、同じ理解だったはずもありません。

アルタンにとっては、別にチャハル部の北元皇帝という主君がいましたし、順義王という肩書きをもらったから家来になったのでなく、有利な交易を認めさせたというだけのことでした。言ってみれば、外国の君主から勲章をもらうみたいなものでございます。

秀吉にとっても同様ですし、それより、和平の細目で、領土の割譲や交易、そして、王子の来日がどうなるのかが問題でした。

このときに、はっきりと半島南部の割譲を認めなくても、日本軍の駐留を認め、あとは継続交渉にしておけば、とりあえずは本格的な再派兵はなかったのです。

ところが、明の使節団は、頑なに全面撤兵を求めました。加藤清正のもとで人質だった王子を解放して連れてこなかったことが原因で、日本まで来たものの秀吉への閲見を認められずに、堺に留め置かれた朝鮮使節団の意見も取り入れるかたちで、そのようになりました。

もちろん、小西行長たちは必死になって意見を変えさせようとしたのですが、だめでした。また、秀吉には時間をくれるようにいったのですが、朝鮮での交渉と違って、細部についてまで秀吉に別の家臣たちから報告がいきます。

明側の沈惟敬も、なんとか話をまとめたかったわけですから、必死に正使の楊方享を説得しましたが、せめて黙認するとか曖昧にするような申し合わせにすることもできませんでした。

秀吉は小西行長に瞞されたと思い、交渉の決裂と再派兵を命令しました。(9月2日)。そして、行長には切腹を命じたのですが、これには石田三成らが必死に助命を訴えました。行長も瞞されたのだといい、再派兵したうえで、あらためて領土の割譲や王子の来日を要求するときに交渉役として行長が不可欠として、秀吉の説得に成功しました。三成への信頼は厚かったので、そういうことも可能だったのです。

ここで秀吉は三成らと相談して、怒りの矛先を明ではなく、朝鮮に向けることにしました。つまり、明の皇帝から冊封されたことを逆手に取り、せっかく明の皇帝が朝鮮に対して秀吉に従えとしたにもかかわらず、王子を送らないなど非礼であるという論理構成です。

10月から12月にかけては、サン・フェリペ号事件の処理や、地震で壊れた伏見指月城から大坂城への引越しなどがありましたが、10月27日には改元があり、慶長元年となりました。

年が変わって慶長2年(1597年)元旦には、朝鮮半島への再出兵が命令されました。といっても、釜山城には宗義智、加徳城には島津忠恒がそのまま留まっておりました。さらに小西行長が汚名返上をかけて熊川城、加藤清正は多大浦に上陸して大軍の到着を待ちました。

2月21日には正式の陣立てが発表になりました。総大将は小早川隆景さまに代わって、筑前名島城主になっていた小早川秀秋です。

先陣は偽装外交で切腹を命じられ、この戦いでの汚名返上しないと後がない小西行長と、1度目の朝鮮出兵で大活躍して朝鮮の2人の王子も捕虜にした加藤清正。水軍は加藤嘉明や藤堂高虎といった方たちが大将を務めました。

石田三成は朝鮮に渡りませんでしたが、秀吉への報告、武将の恩賞の確保など、朝鮮遠征についての政務に奔走していたようです。

さらに五大老の宇喜多秀家、関ヶ原の戦いで毛利軍を率いた毛利秀元と吉川広家、関ヶ原の戦いのシナリオを描いた安国寺恵瓊さま、関ヶ原の戦いで東軍となり石田三成の本陣を攻めた黒田長政、関ヶ原の戦いで苛烈な敵中突破で活躍した島津義弘などが参加いたしました。