日本全国の浪人が集まった大坂冬の陣

方広寺鐘銘事件で大坂方が追い詰められたとき、味方する大名は誰もいませんでした。福島正則などは、居城がある広島にいたら駆けつけたでしょうが、江戸で幽閉されていました。黒田長政や加藤嘉明も同様で、その息子たちは仕方なく関東方に付くしかありませんでした。

木下家の甥たちも、豊後日出城主の延俊は、細川忠興の娘婿ですから行動を共にするしかありませんし、浪人中の俊房も大名に取り立てると言われては、徳川に付くしかありません。

それでも、大坂方には全国の浪人たちが次々と集まってきました。真田幸村や長宗我部盛親、毛利勝永などが主だったところですが、後藤又兵衛や木村重政といったおなじみの名もありました。

▲真田幸村像 出典:いっちゃん / PIXTA

大坂方では、伊勢や近江に繰り出して野戦に持ち込むほうが、寝返りも期待できるので有利という声もありましたが、籠城戦に決しました。膠着状態に持ち込んで有利な和平を実現すればいい、ということもありましたし、それ以上に、茶々が秀頼を戦場に送り出すのを嫌がったのです。

戦いそのものの詳細は、軍記物に任せたいので書きませんが、大坂方も緒戦の木津川口の海戦では敗れたものの、総構えの南に設けた真田丸では幸村が大活躍するなど、堅塁を頼んで大健闘でございました。

そこで、徳川方も食糧補給なども厳しく損害が増えそうだったことから、家康さまは和平することを模索されました。

家康さまは大砲を撃ち込んだり、地下道を掘るという情報を流したりされましたが、大砲を女たちがいるところに打ち込むと、心理的にもパニックになります。

後陽成上皇も、広橋兼勝さまと三条西実条さまを派遣して仲裁しようとされましたが、家康さまは気遣い無用として相手にされません。そうしておいて、家康さまは織田信長さまの弟である有楽斎さまと、京極の初(浅井三姉妹の次女)を城内に送り込まれました。

茶々と話をしろということです。そして、今度は有楽斎や初が大坂方の代理として加わって、徳川方と交渉をすることになりました。

家康さまは、一見すると大坂方にとって有利な条件を受け入れられたのです。京極忠高(高次の庶子)の陣で行われた交渉で、茶々を人質としない替わりに大野治長と織田有楽斎から人質を出す、秀頼の身の安全を保証し本領を安堵する、城中の浪人などについては不問というものでございます。

大坂方は浪人に知行を与えるために加増を願いましたが、これは虫が良すぎる話で拒否されました。

さらに、本丸を残して二の丸、三の丸を破壊し、外堀を埋めることも入りましたが、これは、このような和平では常識的でした。ただ、大坂方では惣堀を徳川方が埋めるが、二の丸を囲む外堀については自分たちで埋めるつもりでしたし、それは完全破壊までを意味しないと考えていたのです。

ところが徳川方は、大坂方の工事を手伝うと称して、外堀まですべて埋めてしまいました。しかも、初の義理のお子である京極忠高に工事をやらせたのです。

茶々の優柔不断で機を逃した大阪方

新年になると、家康さまは大坂方に無理難題を突きつけます。浪人たちを許すことは承知しても、城外に留めるとは思っていなかったといって追放を要求します。しかし、浪人たちが得るものもなく出て行ってくれるものではありません。

そして、それが嫌なら大和か伊勢に移れと仰ったのです。大坂方としては、こうなれば細かい条件次第では受け入れるしかないという気分もあったのですが、堀の埋め立てなどで徳川方への不信感があります。

それに、浪人たちの主戦派をどう抑えるかも問題です。そして秀頼自身も、あまりにも不名誉な屈服をすることは嫌がりました。関ヶ原の戦いのときの織田秀信(三法師)と同じように、幼少の頃から父や祖父の偉大さを吹き込まれて育った若者は、それほど現実主義者には育たないものです。

茶々とすれば、それなりに面子さえ立てば、秀頼の身の安全が一番大事ですが、秀頼なりの誇りが、妥協の邪魔になりました。

家康さまは、いったん駿府に戻られましたが、名古屋の義直と浅野幸長の娘である春姫の結婚を口実に、尾張に出てこられることになりました。事実上の出陣でございました。また、この結婚は紀伊の浅野家、そして春姫の母方の実家である姫路の池田家との関係強化も意味しました。

この婚儀は華やかなもので、ど派手で有名な名古屋の結婚の始まりなどという伝説もございます。

ここまでなんとか、和平の道を探っていた有楽斎さまは、もはやするべきこともないとして城外に出られましたが、初は姉の茶々を見捨てられません。最期まで一緒にいることにしました。

初と一緒に京都の二条城に家康さまを訪ねた青木一重は、そのまま留めおかれてしまいました。孝蔵主のときもそうですが、家康さまは交渉力のある人が大坂方にいることを嫌がったのでございます。

▲二条城 北大手門 出典:でじたるらぶ / PIXTA

こうしたなかで、ついに大野治長さまの弟である治房さまが、大和郡山城を攻めて占領しました。ここには、もともと領主だった筒井家の生き残りである定慶さまが、1万石をもらって在城していましたが、あっけなく攻略されました。

そして、治長さまの弟である治胤さまは、堺の町が冬の陣のときに徳川方に協力したことを理由に焼き払いました。

紀州では地侍たちに反乱を起こさせましたが、名古屋での婚儀で浅野家が味方してくれる可能性がなくなったことも理由です。

外堀まで埋められた大坂城では籠城戦はできません。このために、外に討って出て奮戦し、天王寺・岡山口の戦いでは、家康さまの孫娘婿(信康と信長の娘の長女である登久姫の夫)で、信州松本城主だった小笠原秀政とその嫡子である忠脩が討ち死にしました。真田幸村が家康の本陣に迫り、馬印を倒して逃げるまでに追い込みました。

こうした奮戦はありましたが、多勢に無勢でした。この戦いで大阪方が有利だったときに、秀頼が出陣するという絶好のチャンスもなかったわけではありませんが、茶々などが躊躇しているうちに期を逃してしまいました。

茶々は、大張り切りで具足を付けて城内を回ったりして、交渉にも口出しするどころか主導権を取っていたようですが、すぐ迷ってしまうので決断のタイミングを逃してしまったという人もいます。