社会人としてのレベルは「語彙力」で測られる現実がある。稚拙な表現や、思慮の浅そうな表現をしたり、自分の中にある語彙の量が不足していれば、社会人としてのレベルを低く見積もられてしまうだろう。「語彙力」本の第一人者である山口謠司氏に、読み方が紛らわしい熟語のひとつ「代替」を紹介してもらった。

※本記事は、山口謠司:著『語彙力がないまま社会人になった人へ』(ワニブックス刊)より、一部を抜粋編集したものです。

「代替」の読み方は4つ

読み方がいろいろある言葉に「代替」という熟語があります。

・しろがえ
・だいかえ
・だいたい
・だいがわり

このように、この熟語には四つも読み方があるのです。

ひとつずつ、意味も、もちろん違います。

「しろがえ」と読むと、「品物を売って、金銭に換えること」、あるいは「物々交換をする」という意味を表します。

戦争が終わってまもなく、食糧危機で都会から田舎に買い出しに行く頃まで使われていましたが、最近ではほとんど使われません。

ビジネスシーンでは「だいたい」が使われる

「だいかえ」と読むのと「だいたい」という言葉は、同じ意味で使われます。「他のもので代えること」を表します。

実は、ビジネスの場では、この「だいたい」という言葉が頻繁(ひんぱん)に使われます。「代替案」を出しなさいとよく言われます。

実は、「だいかえ」というのは間違った読み方です。でも、「だいたい」というと、「大体」という言葉と同じ発音なので、意味を取り違えてしまう可能性が少なくありません。

「A君が休みなので、誰か“だいたい”しておいて」

と言われたらどうしますか。誰かが「大体」でいいからA君の仕事をやればいいような意味に取られかねません。

「だいかえ」なら「代わりに誰かが」という意味で間違わずに済みます。

「大体」と「代替」、「漢字」と「感じ」、「放送」と「包装」、「愛情」と「哀情」など、同音異義語を挙げれば切りがありません。

同音異義語をどうしても使わないといけない場合は、間違った意味に取られないために、前後の言葉でそれらを補う必要があります。

「かんじが違うね」では、漢字が間違っているのか、感じが違うのか、わかりません。

もちろん、「どんな状況で使われているのか」がわかれば間違うことはないのですが、状況がわからないときは、「彼が書いたかんじは違うね」と言えば「漢字」だとわかりますし、「着たかんじで全く雰囲気が違うね」と言えば、「感じ」ということがわかります。

誤解されないためには、できるだけ語彙を豊かに使うことも必要なのです。

「だいがわり」は厄介

さて、それでは、「代替」を「だいがわり」と読むことの説明をしましょう。

実は、これは同じ読み方で、二種類の意味があります。つまり同音異義語です。

ひとつは、世代交代の意味で、社長などが替わることを言います。

そしてもうひとつは、取引相場で、相場が値上がりし、値段が今までの円位からその上の円位にかわることを言います。

ただ、この相場の「代替」は今では「台替(だいがわ)り」と書かれるようになり、さらに取引が口頭ではなくコンピュータで行なわれるようになってしまったために、ほとんど使われなくなってしまいました。

言うまでもなく、時代の変化とともに、使われなくなり忘れ去られる言葉というのも少なくないのです。