自宅で子どもと過ごす時間が増えている今だからこそ、見つめ直したい親子の関係性。「こども哲学」に関する書籍を、いくつも執筆している立教大学の河野哲也教授は、教育現場における「こども哲学」が、思考力や対話力を伸ばすというメッセージを、一貫して著書の中で伝えています。今回は学校ではなく、子育ての中で「こども哲学」をすることの意義について、NPO法人こども哲学・おとな哲学アーダコーダを設立した立川辺洋平氏と河野哲也教授が語り合いました。

※本記事は、川辺洋平著『自信をもてる子が育つ こども哲学』(ワニブックス刊)より、一部を抜粋編集したものです。

ほぼ100%の子が「ママはうそつかない」

川辺    子どもたちと倫理的な話をすると、すごく正義感にあふれるっていうか、悪に対する強い嫌悪がありますよね。保護者の伝える社会規範を守ることが絶対っていうか。

河野    それが、まさに大人の影響ですよ。大人の影響なのか、最初から大人なのかわからないけど、極端にいかない。常識のどこに落とすかということは、子どもも大人もやるんです。それをいかに外すかの「揺さぶり」は必要ですね。

川辺    幼い子どもたちとかかわってると、ママがうそをつくことあるって問いを出したら、子どもたち、特に未就学児は全員、うちのママはうそなんかつかないよって言うんですね。

ほぼ100%の子が「ママはうそつかない」 イメージ:PIXTA

たとえばもう8時だから起きなさいと、7時50分にママが言ったとしても、子どもたちは、いや、ママはうそをついてないって言うんですね。

そういうのを聞いてると、やっぱり自分にとって絶対的な存在である保護者が、うそなんかつくはずがないし、その保護者がだめと言ったことは絶対にしてはいけないという、子どもという立場の弱さみたいなものが、ある種、大人がだめということは守らなければならないという、生きていくすべと直結してる感じがするんですね。

河野 「権力関係」ですよ(笑)。もう、そうですよ。

川辺    これが権力関係か(笑)。だから、子どもの倫理観が強いっていうのは、結果的に、子どもが非常に倫理的に振る舞わなければ、ないがしろにされるような立ち位置にいるのかなと。

対話によって潜んでいた権力関係に気づく

河野    私もそう思います。やっぱり放り出されるとか、育ててもらえなくなるってことに対する恐怖があるんですよね。親がいなくても、たぶん君たちを助けてくれる人はいくらでもいると思うよって言いながら哲学対話中に揺さぶっても、やっぱり子どもたちは悪を受け入れないですね。そんなこと言ったら、逆に怖くなっちゃいますからね。

川辺    そういうふうに考えると、子どもが理性的であることの背景に、やっぱり親と子とか、社会と子どもというものが、その立場に強弱がついている感じもするし。

河野    恐怖感だと思いますね。

川辺    やっぱり親子で哲学対話をすることの意味って、僕はそこにあるんじゃないかなって思っています。親子関係の中に潜む権力関係に気づくっていうのが、親の側にも起きてくるし、子どもにとっては、こんなに自由にいろいろ言っても聞いてもらえるんだっていう。本当は思ってたけど、それは言っちゃいけないと思って……みたいなことも言える。

河野    そうですね。子どもが自分でそういうことを確認する機会っていうのはないのかもしれません。