世界一の金貨をつくった秀吉

「太閤秀吉公御出生よりのこのかた、日本国々に金銀山野に湧き出て、そのうえ高麗・琉球・南蛮の綾羅錦繍、金襴、錦紗、ありとあらゆる唐土、天竺の名物、われもわれもと珍奇のその数をつくし、上覧にそなえたてまつり、まことに宝の山を積むに似たり」というのは、『信長公記』の作者でもある太田牛一が書いた「太閤さま軍記のうち」の一節でございます。

秀吉の時代は日本が突然、豊かになった時代でございます。その鍵になったのが、明国からだけでなく、南蛮からも技術が入ってまいりましたので、鉱山の開発や製錬の技術が向上し、日本が世界有数の金銀の産出国になったことです。

▲佐渡金山 出典:PIXTA

秀吉は、京の金細工師である後藤四郎兵衛に言いつけて、天正大判という金貨をつくらせました。縦5寸6分(約17センチ)、横3寸3分(約10センチ)、重さ44匁(約165グラム)という、秀吉らしい豪華でびっくりするほど大きいものでした。これを13万5千枚発行したのです。

なんでも、21世紀になって、ウィーン金貨ハーモニーというものが出るまでは、世界一だったと言うのでたいしたものです。秀吉が私にも何枚もくれたことは言うまでもありませんが、へそくりというには、ちょっと大きすぎました。

この時代、鉄砲が典型ですが、武器や機械の技術も大進歩いたしました。南蛮人たちがやってきたとき、明国は世界有数の技術大国でございますから、大きな差は感じなかったのですが、産業技術が遅れていた日本にとっては、何世紀分もの遅れを取り戻す大チャンスだったのです。

ですから、秀吉が南蛮人たちに協力させて大陸制覇を目指したとか、南蛮人でも日本人を切支丹にして、それを先兵に中国を制圧してキリスト教を広めようとしたのも、あながち見当外れの夢想でもなかったのでございます。

鶴松が死んだことで、秀吉が悲しみを紛らわすために、朝鮮への出兵を決めたという人がいます。しかし、それはまったく間違いです。

対外進出は、九州を平定したときから決まっていた話ですので、関東の北条氏政さまが上洛を渋られ、結局は小田原征伐で1年間を浪費することになりました。また、東北でも大崎の乱とか、九戸の乱がございました。

そして、大和大納言秀長や鶴松の死という不幸もあって、秀次を後継者にした新しい体制をつくらなければなりませんでした。

こうしたことは、すべて海外進出が遅れたほうの理由で、出兵をした理由ではありませんから、鶴松の死が出兵の原因であるなどありえないのです。

また、秀吉ができもしないことを、誇大妄想で実行に移したということもありません。この時代は、ヨーロッパでもウエストファリア体制※1というものも、まだできていませんから、国家の独立という考え方も確立しておらず、どこの国も領地を拡げたり、周辺国を従属させたりしておりました。

アジアでは、明国が冊封体制※2というものをつくったと話す方が、昭和の終わりから平成・令和の日本にはおられるそうですが、中国や韓国にはそんな言葉すらないそうです(冊封はありますが、それほど使用頻度は高くないし、それを「体制」と呼ぶことは日本の歴史学者の造語のようです)。

たしかに明国は、周辺国の国王を冊封するということにして、その場合だけ明国が貢ぎ物に対する返礼をする、という形で貿易をするという方針でした。それは、明国がそういう方針だったというだけで、それを周辺の国が従うべき国際秩序だと納得していたわけでありませんし、非公式な貿易も弾圧を受けながらも行われておりました。

ポルトガルは、1517年から貿易を認められたのですが、紛争があってすぐに取り消されました。その後、1557年に倭寇討伐に協力したとして、マカオでの居留と貿易を認められるようになったと宣教師たちは言っていましたが、真偽は不明です。いずれにせよ、マカオがポルトガルの植民地になったのは、300年も先の1887年になってからです。

▲マカオにある聖パウロ天主堂跡 出典:Richie Chan / PIXTA

半島では、明国に対して、ある程度の独立を維持しようとした高麗が、明国に従うべきだという李氏朝鮮に取って代わられていました。一方、モンゴル人たちは、元の復興を狙って万里の長城の外側で活動していました。

日本との関係でも、建前としては室町幕府が勘合貿易をしていたのですが、実際には幕府はほとんど関与せず、大内氏と博多商人たちが幕府の名前を使ってやっていただけですし、明もそれを知っていたのです。

ところが、大内義隆が陶晴賢に殺され傀儡政権を建てたのちは、明は細々として続けていた勘合貿易を停止し、また、海禁政策を緩和して外国船の寄港をある程度は認めたのに、倭寇の根拠地だというので日本船の寄港は許しませんでした。

ですので、日明貿易は、琉球や朝鮮を通すとか、両国の船がどこかで出会うとか、南蛮船に依存するとかに限定されていました。

モンゴル族の英雄アルタンの勢い

▲チンギスハンの像 出典:Anton / PIXTA

ある時期に、モンゴルからはアルタン(在位:1551年~1582年)※3という英雄が出ました。チンギスハンという方が亡くなったあと、そのお墓は秘密にされましたが、かわりに霊廟が設けられ、それが内蒙古の黄河湾曲部にあったので、この地方はオルドスと呼ばれるようになりました。

この部族の王のダヤンは、モンゴル族の統一を回復し(1487年)、その孫アルタンは北京を包囲したり、山西省で20万人の人々を殺したりしました。

そこで明とモンゴル両者の話し合いがされ、明はアルタンを順義王(明の官職名)に封じるという形で名を取り、アルタンは有利な交易など多くの特権を手にしました(1571年)。現代中国では、アルタンが明に服従したので内蒙古は中国のものだといっておりますが、アルタンは北京占領はとりあえず棚上げにして、実をとっただけでございます。※4

これを根拠に、現代中国ではモンゴルを中国の支配下に置いたような解釈をしていますが、それは中国側の天動説的解釈で、アルタンに明が屈したのが実情でしたし、中国から一度でも冊封されたら、中国の領土にされてしまうのではたまったものではありません。

しかもアルタンは、広い意味での満洲西部(現在は内蒙古自治区)にあったチャハル部のハーン(皇帝)にも、名目上は仕えていたのです。そして、このハーンが元朝以来の中国皇帝としての印璽は持ち続けており、のちに、ヌルハチの子のホンタイジが、これを手に入れて清朝の皇帝を名乗るのでございます。

さらにアルタンは、チベットのダライラマとも世俗と宗教の世界での権威を対等に認め合っており、それを中国はチベットを自国の領土だとする根拠にしている、というややこしさです。

このアルタンという人の話を長々としたのは、秀吉との和平交渉のときに、明側はひとつの前例として常にこれが意識にありましたし、日本側でも小西行長などは、秀吉には説明していなかったかもしれませんが、そのあたりを知っていたのです。

いずれにしても、大事なのは、現代の日本の東洋史学者といわれる人たちが言うような、きちんとした東洋の国際秩序があったなどということは、私たちの時代にはなかったのでございます。

秀吉も、自分や帝の権威が広く周辺国から認められることは目指していましたが、最終ゴールがこうでなくてはならない、と決めていたわけではないのです。現代の企業が、海外進出するときに、将来は必ずこうだと決めてしまうことがないのと同じです。

どうも、国内でも現代の方々は、全国の武将が瀬田の唐橋に旗指物を掲げて、天下に号令することを夢見ていたとか仰いますが、そんなことを思いついたのは信長さまくらいですし、その信長さまでも細かい将来計画などなかったのと同じでございます。