家康は「海から離れた所」に行きかった

天正18年(1590年)の小田原征伐と、それに引き続いた東北地方の仕置きで、天下統一が出来上がったのですが、ここで、その時の大名方の配置がどうなっていたか、おさらいをしておきましょう。

德川家康さまに、関東への移封が伝えられたのは、小田原城が開城する前のことでした。家康さまにとって青天の霹靂だったというわけではございません。長宗我部や島津に領地の一部を残したので、北条にも2か国くらい安堵してもいい、という考え方もありました。

しかし、全面的に屈服させようとすると厄介な島津などと違って、持久戦にもちこんで貝殻の中に閉じこもって自壊した北条は、潰してもそれほどの面倒は起きそうもありませんでした。

家康さまが、駿遠三甲信の5か国を領地にしていては、誰を関東に入れても、関東と関西は分断されてしまいます。格からいえば織田信雄さまでも、という考え方もございますが、とうていその器でありません。

それに、家康さまもこの転封は覚悟されていたと思います。というよりは、願ったり叶ったりだったのでございます。

源氏を名乗る家康さまにとっては、先祖の地と自分で称している上野国や、源頼朝さまが幕府を開いた鎌倉の主になるのは、気持ちのうえでそう飛躍があるわけでもありません。

それに、土豪出身が多い三河などの家臣を、それぞれの出身地から切り離すことは好都合だったのです。家臣の方たちは骨の髄まで三河人で、その頃から家康さまが、新田氏の末流だとにわかに強調しだしたことすら違和感を持っていましたから大反対でした。

家康さまは、残念だというような顔をしつつも「陸奥国に移ろうとも百万石の領地があればいかようにでも生きていける」と、少し前向きな慰めも演出して従わせました。

この時代、天下を統一国家にすることを信長さまも秀吉も狙っていたのですが、それぞれの大名方も領国を同じように中央集権化したかったのです。とくに厄介だったのは、いわば兼業農家として先祖代々の土地に縛り付けられている家臣たちを土地から切り離して、フルタイムで働ける官僚・軍人集団にすることでございました。

そのためには、むしろ石高が増えるなら、引越ししたほうが組織改革をやりやすかったのです。家臣間の序列も好きなように変える機会でもありました。

現代でも、地方発祥の会社が、本社を東京や大阪に移すことで、大企業にふさわしい組織へ変えるチャンスにするのと同じなのでございます。

ただ、関東へ移るだけでなく、江戸を本拠にするように秀吉から下知されたときには、家康さまは困り果てられたようでございます。大きな川の河口に近く、良い港になる場所に都市を築くのは、秀吉の趣味なのです。

秀吉が、家康さまに居城はどこにするつもりか聞いたところ、家康さまは「とりあえずは小田原に入ろうかと思う」と仰ったのだそうですが、秀吉は地図を見せて「この江戸というのはまことに良い所だから、最初からここに行けばよろしかろう」と指示したので、家康さまも従うしかなかったのだそうです。

大坂がその典型ですが、県庁所在地だけをとっても、福岡・大分・広島・松江・松山・高松・徳島・高知・和歌山・徳島・津・富山などが、秀吉やその系統の大名たちが建設したり、大改造した城下町でござました。

家康さまは、あまり海がお好きでないし、むしろ、武士が商人たちと一緒に住んで軟弱になるのが嫌でございました。ですから、少し海から離れたところに城を築いて、商人の居住は最低限にしたかったのです。

実際、家康さまが選ばれた本拠地は、浜松や駿府ですし、子どもたちの居城を、海岸に面した越後福島城から内陸で雪深い高田へ移したり、水害に弱い清洲をやめて新しい城を築くときに、熱田の港に近い古渡などを避けて台地上に名古屋城を築かれたことでもわかります。低湿地に大土木工事を起こすなどというのは、家康さまの趣味でないのです。

家康さまが好きなように本拠を関東で選ばれたら、八王子・川越・鎌倉郊外の玉縄・石神井・世田谷といった所だったのではないでしょうか。

江戸の町の建設にあたったのは、ほぼ上方にお住まいだった家康さまでなく、秀忠さまですし、家康さまがのちに幕府を開かれたのは、江戸でなく伏見でのことでございました。そして、1607年には故郷みたいなものと自ら仰る駿府に、隠居城を築いて移られ、江戸城には入られませんでした。このとき、もうひとつの候補は三島だったそうでございます。

▲徳川秀忠と江の墓 出典:ゲン21 / PIXTA

義母なかのお気に入りが築城した福島城

いずれにせよ、家康さまは北条旧領をそのまま引き継がれました。関八州といいますが、実際の領地は、相模・武蔵・上野(北部の真田領を除く)、下総の大部分・上総、それに関東ではありませんが伊豆でございました。このうち、上総のかなりの部分は、里見さまの領地を安房だけに限定して新しく加えられたところです。

これを太閤検地のときの石高で計算しますと210万石くらいです。旧領のほうは、120万石でしたから、相当な加増でございます。このほか、家康さまには在京料として、近江で10万石くらいを秀吉はあてがっていました。

それだけでなく、秀吉は井伊直政に高崎に近い箕輪城で12万石、本多忠勝に上総大多喜で、榊原康政に館林で10万石とかという指示も出しました。それに対して譜代筆頭だった酒井忠次のお子の家次には下総臼井3万7千石でしたが、こういう従来の秩序を乱す実力本位の人事も、秀吉の命令ということで初めてできたのです。

関東では、もともと宇都宮国綱や佐竹義宣など北関東の大名は、上杉氏と結び北条と対抗しておりました。また、佐竹氏は現在の福島県で伊達政宗さまと対立していました。伊達との小競り合いで少し遅れましたが、彼らは小田原に参陣したので、本領を安堵されました。

安堵といっても、もともと、佐竹の支配は常陸全体にはゆるやかにしか及んでいなかったのですが、秀吉は常陸一国を知行として与え、義宣は秀吉の力を背景に北部の江戸氏や南部の大掾氏(だいじょうし)を圧迫して滅ぼし、この国を統一しました。それまで佐竹氏の居城は太田城でしたが、江戸氏の水戸城を奪い取って立派な城を築きました。

宇都宮国綱は、のちに改易されますが、とりあえずこの時点では領地を安堵されました。『里見八犬伝』で知られる山名一党の里見家は、小田原参陣が遅れて上総の領地を取り上げられ、安房のみの小大名になりました。

▲南総里見八犬伝 表紙集 出典:ウィキメディア・コモンズ

下総の結城家は、家康さまの次男で秀吉の養子になっていた秀康が養子として入り、家督を継ぎました。11万石は少ないように見えますが、また加増するつもりでした。

東北では佐竹義宣の弟である義広が、黒川(会津若松)の芦名家に養子に入っていたのですが、小田原攻めの前年に米沢の伊達政宗に攻められて、実家である佐竹氏の下に身を寄せていました。

奥州仕置きでは、伊達政宗に会津を返上させる一方、芦名義広は会津に戻さず、常陸の龍ケ崎に領地を与え、黒川には蒲生氏郷を送り込みました。伊達政宗らを抑える奥州探題のような位置づけにして、徳川や佐竹に後ろから支えさせようということでございました。

蒲生氏郷は、近江日野から伊勢松坂、そして会津へと三段跳びで全国有数の大名になりました。このときの領地は、福島県のうち福島市付近や浜通りを除く地域でした。

このころ、伊達政宗は米沢など出羽置賜郡と福島市周辺、それに宮城県南部を安堵されました。そして、宮城県北部から岩手県南部の大崎領といわれる土地は、明智光秀さまにかつて仕えた木村吉清という武士に与えられました。

なかなかの能吏で、義母の大政所のお気に入りだったのですが、新しい役目はちょっと荷が重かったようです。

山形の最上、秋田の秋田といった大名たちも、それぞれ領地を安堵されました。最上家は室町幕府の三管領のうち斯波氏の一族で、伊達政宗さまの母親の実家でございます。秋田家は噂によると、むかしの蝦夷という人たちの血を引く一族だということで、この頃は湊城という雄物川河口を本拠にして、蝦夷地ともつながりをもっていると聞きました。

また、青森県と岩手県北部は南部一族がいましたが、青森県西部の津軽地方では、大浦氏が独立しつつあり、秀吉のところに誼を通じてきたのも先だったので、独立を認めることにしました。のちの津軽氏で、常陸宮華子妃殿下のご実家でございます。

南部氏は一族のなかで群雄割拠でしたが、前田利家のところにやってきた三戸の南部信直を旗頭として認めることにし、津軽を失った見返りに岩手県中部にまで領地を拡げることを認めました。

こうして、いちおう奥州仕置きができたのですが、大崎領を与えられた木村吉清は家来がたいしていないのに、東北という遠隔地で大きな領土をもらったもので、統治に苦労します。しかも、検地を無理に急いでしようとしたので、葛西大崎一揆と呼ばれる反乱が起きてしまいました。

葛西というのは、鎌倉時代にこの地方に送り込まれた豊島一族の名門で、石巻や登米周辺が本拠で、室町時代には大崎氏に従っていました。大崎氏の本拠は、もう少し北西の古川(現在は大崎市)で、この両地域をあわせて大崎領というのです。

また、南部領では一族の九戸政実が、信直の家臣にされるのを嫌がって反乱を起こしました。しかも、蒲生氏郷の言い分では、伊達政宗が後ろで糸を引いているというのです。

そこで秀次や浅野長政も応援に出して、なんとか反乱はおさまりました。そして、頼りない木村吉清ですが、義母なかのお気に入りというので、蒲生氏郷の与力に格下げして信夫郡を与えました。その吉清が新しい本拠地として築いたのが阿武隈川の渡し場に近い福島城で、今ではその城跡が福島県庁になっています。

そして、伊達政宗の元の領地は宮城県南部を除いて取り上げ、大崎領の岩出山に移らせました。ですので、こののち政宗は大崎侍従と呼ばれることになります。そして、政宗の旧領のほとんどを蒲生氏郷に与えましたので、氏郷は90万石の大名になりました。

▲伊達政宗騎馬像 出典:えりんこ / PIXTA