コロナウイルスの感染拡大が続き、手洗いうがいに励む日々が続いていることと思います。そんな私たちにいま必要なのは、1にも2にも免疫力! その免疫力に実は「空腹」が大いに関係していることを、ご存じの方は少ないかもしれません。「免疫力」と「空腹」がどのように関係するのかを、著書が300冊以上もあるスーパードクターの石原結實氏が教えてくれました。

※本記事は、石原結實:著『やせる、若返る、病気にならない ちょい空腹がもたらす すごい力』(ワニブックス刊)より、一部を抜粋編集したものです。

免疫力とは体内の異物を貪食する力

免疫力という言葉は文字通り「疫(病気)を免れる力」のことであり、その働きの中心を担っているのが白血球です。白血球は血液1㎣中に5000~9000個存在し、いくつかの種類があります。

30億年前に海の中に誕生したアメーバ様の単細胞生物が分化・分裂・増殖して、やがて多細胞生物になり、魚類→両生類→爬虫類→鳥類→哺乳類と進化しました。

その頂点に我々人類がいます。始原生命(アメーバ様の単細胞生物)が原形を留めたまま、血液という海(血潮)の中を泳いでいるものが白血球といってよいでしょう。

アメリカのオレゴン健康大学のN・ズーキック博士らは、「18年間、30%のカロリー制限を行った“空腹のアカゲザル”は、普通食を与えられたアカゲザルに比べて年をとってもT細胞(リンパ球の一種)が高く、病気になりにくい」と発表しています。

最近は、免疫力の指標として、T細胞やB細胞などのリンパ球の働きがよく話題になります。しかし白血球の親玉(原始細胞)は、マクロファージです。

そして、マクロファージ・好中球のバイ菌や老廃物、ガン細胞などの異物を貪食する力こそが、免疫力の基本の基本です。

円形~楕円形をした白血球(直径7~20μ)は、体外からバイ菌やアレルゲンなどの有害物が侵入したり、体内で老廃物やガン細胞が発生すると、自分の体の形を変えて(偽足を作って)こうした有害物を取り込み(貪食)、殺菌・消化・処理します。

白血球を空腹にさせて「免疫力」を上げる

私たちが満腹の時は、血液中に糖・タンパク・脂肪・ビタミン・ミネラル類などが存分に存在しているため、それを食べる白血球も満腹状態です。なので、外来のバイ菌、アレルゲン、体内で発生したガン細胞などの有害物を食べようとはしません。

つまり、満腹の時は、免疫力が低下するのです。逆に我々が空腹の時は、血液中も栄養素が不足しているので、白血球も「空腹」になります。なので、バイ菌、アレルゲン、ガン細胞、老廃物などを、それこそ「貪り食う」わけです。

つまり、免疫力は空腹の時に旺盛になります。我々動物が病気や怪我をすると食欲がなくなるのは、白血球を「空腹」にさせて「貪食力≒免疫力」を強くしようとするメカニズムが働くからです。

本当に神様が用意してくれたとしか思えないほど、よくできた仕組みです。それにもかかわらず、一般の方はともかく、医師たちまでもが病気で食欲のない患者に「体力をつける必要があるから、無理にでも食べるように」と食べることを強要します。そして、それでも食べられない時は、点滴によって栄養を補給しようとします。

これではせっかく病気を治そうとしている自然治癒力(免疫力)に水を差してしまうことになるのです。