9年前の東日本大震災や、記憶に新しい昨年の台風19号などの自然災害。「地球がおかしい」と思ってしまう瞬間が増えているのは確かだ。私たちは「地球」というダイナミックな規模で「恐れ」を抱き、不安で心がいっぱいになる。そんな思考に変化をもたらすヒントを、東京大学名誉教授でもある矢作直樹先生が教えてくれた。

※本記事は、矢作直樹:著『「死」が怖くなくなる50の神思考』(ワニブックス刊)より、一部を抜粋編集したものです。

世界中で自然災害が拡がっている理由とは?

今、多くの人が地球がおかしくなっている」と感じているのではないでしょうか? たとえば地球の温暖化を例に考えてみましょう。

地球は何万年という単位で、温暖化と寒冷化を繰り返しています。今はCO2が増えたので、地球が温暖化しているといわれていますが、実は寒冷化しているという説もあるのです。たとえば、南極の氷は増えているそうです。

アメリカのトランプ大統領が温暖化対策に積極的でない理由も、CO2と温暖化に合理的な関係性がないからです。温暖化対策といって、それをビジネスにしている業界もあるでしょう。私も、原発より火力発電のほうがましだと思っていますし、温暖化対策が必ずしも地球のためになっているとは思えません。

地球のための温暖化対策だと思っても… イメージ:PIXTA

しかし、環境負荷を考えて、生活することは大切です。私は自転車を使って移動したり、東京↔広島でしたら、飛行機ではなく新幹線を選んでいます。皆さんもできる範囲でいいので、地球に迷惑が掛からない生活を心がけたらいいと思います。

また、気温だけでなく、地面も少しずつ動いています。地震や火山活動から、それが感じ取れます。

いずれにしても、地球はダイナミックに生きていますので、周期をもって変化しているのは確かです。私たちはその地球の表面に住まわせていただいているに過ぎません。ですから、

「なぜ、地震が頻発(ひんぱつ)するの⁉」
「なぜ、台風が巨大化するの⁉」

と人間の目線で語ることは地球にとって失礼です。なんの断りもなく、勝手に住んでいるのは私たちのほうですから……。

ですから、自然に対する敬意や畏(おそ)れ、そして何よりも感謝の気持ちを持つことはとても大切だと思います。たとえ、地震や台風によって、人間が被害にあったとしても、地球を責めたり恐れたりするのは違うのではないでしょうか。