二番手捕手としてプロを生きる

二番手捕手としてプロを生きる

野球においてキャッチャーというポジションは担う役割が多く、レギュラーの座を掴み取るのが難しい。一方で、その専門性から「なり手」が少ないため、たとえ控えだとしても戦力として貴重な存在である。

本連載は、野村克也(ヤクルト時代)、星野仙一(阪神時代)の2人の名将のもとで活躍し、「最強の二番手捕手」と称された野口寿浩氏が、その特異な地位から見ていたプロ野球の世界を語る。